昨日は、キャリアアップ助成金「短時間労働者労働時間延長コース」についてお伝えしました。

本日は、キャリアアップ助成金のその他の各コースについての概要をお伝えします。

なお詳細については、厚生労働省パンフレット「キャリアアップ助成金のご案内」をご覧ください。

 

 

キャリアアップ助成金~正社員コース~

 有期雇用労働者等を正規雇用労働者等に転換または直接雇用した事業主に対して助成

 

助成額  

①【有期→正規】1人あたり57万円(生産性要件を満たした場合は、72万円)

⇒中小企業以外42.75万円(生産性要件を満たした場合は、54万円)

②【有期→無期】1人あたり28.5万円(生産性要件を満たした場合は、36万円)

⇒中小企業以外21.375万円(生産性要件を満たした場合は、27万円)

③【無期→正規】1人あたり28.5万円(生産性要件を満たした場合は、36万円)

⇒中小企業以外21.375万円(生産性要件を満たした場合は、27万円)

 

【補足事項等】

※ 正規雇用労働者には「多様な正社員(勤務地・職務限定正社員、短時間正社員)」を含む

※ 派遣労働者を派遣先で正規雇用労働者として直接雇用する場合 

⇒①③1人あたり28.5万円<36万円>(中小企業以外も同額)加算

※ 支給対象者が母子家庭の母等または父子家庭の父の場合    

⇒1人あたり①9.5万円(生産性要件を満たした場合は、12万円)加算【中小企業以外も同額】

⇒②③4.75万円(生産性要件を満たした場合は、6万円)加算【中小企業以外も同額】

※ 勤務地限定・職務限定・短時間正社員制度を新たに規定した場合  

⇒①③1事業所あたり9.5万円(生産性要件を満たした場合は、12万円)

⇒中小企業以外7.125万円(生産性要件を満たした場合は、9万円)加算

 

 

キャリアアップ助成金~障害者正社員コース~ 

  障害のある有期雇用労働者等を正規雇用労働者等に転換した事業主に対して助成(詳しくは、以前のブログをご覧ください)。

 

 

キャリアアップ助成金~賃金規定等改定コース~ 

 有期雇用労働者等の賃金規定等を増額改定(賃金規定等を2%以上増額改定)し、昇給させた事業主に対して助成

 

助成額  

1 すべての有期雇用労働者等の賃金規定等を増額改定した場合

①【1~3人】1事業所あたり9.5万円(生産性要件を満たした場合は、12万円)

⇒中小企業以外7.125万円(生産性要件を満たした場合は、9万円)

②【4~6人】1事業所あたり19万円(生産性要件を満たした場合は、24万円)

⇒中小企業以外14.25万円(生産性要件を満たした場合は、18万円)

③【7~10人】1事業所あたり 28.5万円(生産性要件を満たした場合は、36万円)

⇒中小企業以外19万円(生産性要件を満たした場合は、24万円)

④【11~100人】1人あたり2.85万円(生産性要件を満たした場合は、3.6万円)

⇒中小企業以外1.9万円(生産性要件を満たした場合は、2.4万円)

2 一部の賃金規定等を増額改定した場合

①【1~3人】1事業所あたり4.75万円(生産性要件を満たした場合は、6万円)

⇒中小企業以外3.325万円(生産性要件を満たした場合は、4.2万円)

②【4~6人】1事業所あたり 9.5万円(生産性要件を満たした場合は、12万円)

⇒中小企業以外7.125万円(生産性要件を満たした場合は、9万円)

③【7~10人】1事業所あたり14.25万円(生産性要件を満たした場合は、18万円)

⇒ 中小企業以外9.5万円(生産性要件を満たした場合は、12万円)

④【11~100人】1人あたり1.425万円(生産性要件を満たした場合は、1.8万円)

⇒中小企業以外9,500円(生産性要件を満たした場合は、1.2万円)

 

【補足事項等】

※中小企業において3%以上5%未満増額改定を行った場合

・すべての賃金規定等改定 1人あたり1.425万円(生産性要件を満たした場合は、1.8万円)加算  

・一部の賃金規定等改定 1人あたり7,600円(生産性要件を満たした場合は、9,600円)加算

※中小企業において5%以上増額改定を行った場合

・すべての賃金規定等改定 1人あたり2.375万円(生産性要件を満たした場合は、3万円)加算  

・一部の賃金規定等改定 1人あたり1.235万円(生産性要件を満たした場合は、1.56万円)加算

※職務評価を活用して増額改定を行った場合

1事業所あたり19万円(生産性要件を満たした場合は、24万円)加算

⇒中小企業以外14.25万円(生産性要件を満たした場合は、18万円)加算

 

 

キャリアアップ助成金~賃金規定等共通化コース~  

 有期雇用労働者等と正規雇用労働者との共通の賃金規定等を新たに規定・適用した事業主に対して助成

 

助成額

1事業所あたり57万円(生産性要件を満たした場合は、72万円)

⇒中小企業以外42.75万円(生産性要件を満たした場合は、54万円)

 

【補足事項等】

※対象となる有期雇用労働者等が2人以上の場合、2人目から1人あたり2万円(生産性要件を満たした場合は、2.4万円)加算

⇒中小企業以外1.5万円(生産性要件を満たした場合は、1.8万円)加算

 

 

キャリアアップ助成金~諸手当制度等共通化コース~ 

 有期雇用労働者等と正規雇用労働者との共通の諸手当制度を新たに規定・適用した事業主、または有期雇用労働者等を対象とする法定外の健康診断制度を新たに規定・実施(有期雇用労働者等に対して延べ4人以上に実施)した事業主に対して助成

 

助成額

1事業所あたり38万円(生産性要件を満たした場合は、48万円)

⇒中小企業以外28.5万円(生産性要件を満たした場合は、36万円)

※対象となる有期雇用労働者等が2人以上の場合(有期雇用労働者等に関する法定外の健康診断制度を新たに規定し、延べ4人以上実施した場合を除く)

 

【補足事項等】

※2人目から1人あたり1.5万円(生産性要件を満たした場合は、1.8万円)加算

⇒中小企業以外1.2万円(生産性要件を満たした場合は、中小企業以外1.4万円)加算

※対象となる諸手当制度を同時に2つ以上新たに規定・適用した場合、2つ目以降の手当1つにつき、16万円(生産性要件を満たした場合は、19.2万円)加算

⇒中小企業以外12万円(生産性要件を満たした場合は、14.4万円)加算

 

 

キャリアアップ助成金~選択的適用拡大導入時処遇改善コース~ 

 労使合意に基づく社会保険の適用拡大の措置の導入に伴い、その雇用する有期雇用労働者等について、働き方の意向を適切に把握し、被用者保険の適用と働き方の見直しに反映させるための取組を実施し、当該措置により新たに被保険者とした事業主に対して助成  

 ※当該有期雇用労働者等の基本給を増額した場合等に助成額を加算  

 ※従業員数が100人を超える事業主は、一部の助成について令和3年9月30日までの時限措置

 

助成額

 選択的適用拡大の導入に伴い、有期雇用労働者等の働き方の意向を適切に把握し、被用者保険の適用と働き方の見直しに反映させるための取組を実施し、かつ新たに被保険者とした場合

1事業所当たり19万円(生産性要件を満たした場合は、24万円)

⇒中小企業以外14.25万円(生産性要件を満たした場合は、18万円)

 

【補足事項等】

※賃金引上げ割合に応じて、1人あたり  

2%以上:1.9万円(生産性要件を満たした場合は、2.4万円)加算

⇒中小企業以外1.4万円(生産性要件を満たした場合は、1.8万円)加算

3%以上:2.9万円(生産性要件を満たした場合は、3.6万円)加算

⇒中小企業以外2.2万円(生産性要件を満たした場合は、2.7万円)加算

5%以上:4.7万円(生産性要件を満たした場合は、6万円)加算

⇒中小企業以外3.6万円(生産性要件を満たした場合は、4.5万円)加算

7%以上:6.6万円(生産性要件を満たした場合は、8.3万円)加算

⇒中小企業以外5万円(生産性要件を満たした場合は、6.3万円)加算

10%以上:9.4万円(生産性要件を満たした場合は、11.9万円)加算

⇒中小企業以外7.1万円(生産性要件を満たした場合は、8.9万円)加算

14%以上:13.2万円(生産性要件を満たした場合は、16.6万円)加算

⇒中小企業以外9.9万円(生産性要件を満たした場合は、12.5万円)加算

有期雇用労働者等の生産性の向上を図るための取組(研修制度や評価の仕組みの導入)を行った場合、10万円加算⇒中小企業以外7.5万円加算

 

 

 

以上2日間にわたり「キャリアアップ助成金」の内容をお伝えしました。

明日からは「短時間労働者制度」についてお伝えします。

 

 

今日のポイント

会社の実情に応じて「キャリアアップ助成金」のコースを検討しよう!