昨日は「OFF-JTのポイント」についてお伝えしました。

  今日は10日間にわたる「能力開発」の最後となります。内容は事業主自身の「能力開発」についてです。

 

事業主の「能力開発」は組織志向だけではなく時代志向であること

  基本的に「能力開発」というのは、組織のために行うものです。

  組織から報酬を得ているのですから『組織志向』でなければなりません。

 

  事業主についてはなおさら『組織志向』でなければならないのですが、私自身が事業主の「能力開発」は『組織志向』とともに『時代志向』でなければならないと思っています。

  つまり「今の時代に、さらには未来に、何が求められているのか」ということを、事業主自身が学ぶことが大切だと考えています。

 

「組織志向」が過ぎれば不満ばかりが溜まる

  事業主と従業員の大きな違いは、「組織」=「事業主」という関係が基盤にあるかないかということです。

  つまり、事業主があまりにも『組織志向』が過ぎると、周りから見れば『自分志向』のようにも映ってしまうことがあるということです。

 

  もちろん、事業主にとっては「組織を守ること」=「従業員を守ること」ということですので、大きな心外かもしれません。

  ただし、「従業員」は「事業主」と比較すると「組織」への愛着や帰属意識は低くなります。

  なぜなら「組織」=「事業主」という基盤がないからです。

 良くも悪くも従業員は「組織」に完全に身を預けているわけではありません。

 

  そもそも「事業主」と「従業員」は立場が違いますので、事業主が「組織志向」が過ぎると、従業員への『不満』ばかりが溜まっていきます

  そのため「能力開発」もまた『組織志向』が過ぎると、従業員への能力の押し付けにつながり、従業員の主体性な「能力開発」が推進できない恐れがあります。

 

「時代志向」であれば謙虚さが生まれる

 繰り返しますが、事業主に必要な能力開発は「今の時代に、さらには未来に、何が求められているのか」ということを、事業主自身が学ぶことが大切だと考えています。

  つまり「時代志向」であることが必要です。

 

 「時代志向」であれば、自らの価値観が時代と相違していることに気が付くはずです。

 

 これは年齢を重ねた方だけでなく、若い方にも言えることです。

 1年違うだけで、1か月違うだけでも、時代は変わっていきます。

 1つの大きなニュースなど起きれば、1日でも時代は変わっていくのです。

 

 時代の変化にアンテナを張り続けていれば、周りにも目が行き渡るようになります。

 そして、一人一人の価値観が違うことに気づくと思います。

 一人一人の価値観に寄り添うことで謙虚さが生まれ、従業員の主体的な「能力開発」を推進できるようになると思っています。

 

事業主自身が「能力開発」のトップランナーであること

 私自身も実践できているか分かりませんが、人生経験上「慢心」は必ず悪い方向へいくと思っています。

 「常に、自分には足りないことがある」という意識を持ち続けなければ、成長が止まってしまうと思っています。

 成長が止まってしまえば、良い仕事ができないと思っています。

 時には成長が止まってしまい苦しいときもありますが、「成長を続けている人たち」を見ると力が戻ってきます

 

 組織にも同じことが言えると思います。

 事業主自身が「能力開発」のトップランナーであれば、従業員もまた「能力開発」の意欲がどんどん高まっていくと思います。

 ただし、その場合でも「組織志向」が過ぎると周りからは浮いてしまいがちになると思いますので、今・未来を見据えた「時代志向」である必要があると思います。

 

 

 以上10日間にわたる「能力開発推進のポイント」でした。

 ほとんどが私自身の考えでしたが、普段のブログが制度説明などが中心ということもあり、ご容赦ください。

 明日からは、「能力開発に関わる労務」をお伝えします。

 

 

今日のポイント

謙虚さが備わった事業主は、従業員一人一人の価値観の違いに寄り添うことができる!