今日と明日で、就業規則についてまとめていきたいと思います。

「就業規則とは?」というお題に対して、回答します。少し遊び心を交えてお伝えしますが、内容はしっかりお伝えしますので、何卒お付き合いください。

 まず今日は、「就業規則は、キャッチボールである」です!

 

就業規則とは、3つの「キャッチボール」である!

 私なりに、「キャッチボール」をさらに3種類に分けてみました。

①「使用者」と「労働者」とのキャッチボールである!

②「組織」と「法律」とのキャッチボールである!

③「組織」と「時代」とのキャッチボールである!

 

~その1~ 就業規則とは、「使用者」と「労働者」とのキャッチボールである!

 以前のブログでもお伝えしましたが、労働基準監督署へ届出義務がある「就業規則」は、労働者の意見書を添付して届出をする必要がありますが、最終的にその意見に拘束される義務はありません。

 つまり、「使用者」から「労働者」へ投げっぱなし』という事実も起こりかねません

 しかし、使用者の投げっぱなしはリスクがあります。

 

 なぜなら、「使用者」が労働の実態を把握することが困難になるからです。

 

 業務が細分化されればされるほど、1つの「就業規則」で押し通すことに無理が出てきます。例えば、お昼休みはお客さんへの電話対応をしなくても良いという「就業規則」を定めていたとしても、ある部署が業績が伸びないことから、お昼休みに電話対応していたとしたら、それは就業規則に違反します。

 

 このような細かい事実が、「組織」に伝わっているかどうかは、日ごろから「使用者」と「労働者」がキャッチボールをしていなければ分からないと思います。

 だからこそ、労働者にもボールを投げる機会を与え、使用者がそのボールをキャッチする場面が必要なのです。

 

~その2~ 就業規則とは、「組織」と「法律」とのキャッチボールである!

 本来「就業規則」は「経営理念」を反映させてこそ意味がありますので、そうした場合に専門家の力を借りるのが良いと思います。

 

  そしてさらに何が手間かと言えば、法律が頻繁に改正することです。

  法律改正を見逃すわけにはいきませんし、「法律」は不定期にボールを投げてきます

「組織」はそれをキャッチできる準備をしておかなければなりません。

 

「組織」がキャッチする体制を強化したいときにこそ、社労士などの専門家と継続的な関係をつくり、その役割を担わせることが効率的だと思います。

 

~その3~ 就業規則とは、「組織」と「時代」とのキャッチボールである!

 より具体的に野球の話になりますが、昔のプロ野球のピッチャーであれば何日間も連続して投げ続け、1年間に今では想像できないくらい、たくさんの勝ち星を挙げるピッチャーもいました。

  しかし、その中には、肩ひじを壊し、短い野球人生を送った方もたくさんいます。

  そのようなことが見直され、「中〇日(毎週日曜日に登板するなど)」とか「100球を目途」という考えが生まれてきました。

 このような考えすべてが正しいかどうかは、私は野球の専門家ではないので分かりませんが、少なくとも「長い視点で考えれば、ピッチャーにあまり無理をしてはいけない」という視点が生まれたことは間違いないと思います。

 

  つまり「時代」が求めることは変わり続けるのです。

 

  その変化を組織は「キャッチ」しなければなりません。その「キャッチ」を具現化したものが就業規則なのです。

 

   先ほどのプロ野球の例を、働く場面に当てはめるとしたら、「時間外労働」先月ブログで特集した「ハラスメント」などかもしれません。

  生産性を上げるために「労働者を無理に働き続けさせるより」は、「労働者の働きやすさ」を追い求めた方が結果的にも生産性が上がるということです。

 

  いかがでしたでしょうか?最後の例えは、「キャッチボール」というより、無理やり「野球」に例えてますので、かなり強引な感じはしますがお許しください・・・。

  なんとなくでも「就業規則は、ただ単に会社のルールを定めただけではない」というようなイメージを持っていただければと思います!

 

 

今日のポイント

良い就業規則とは、「労働者」「法律」「時代」に寄り添った名キャッチャーである!