「指導」と「解決」

 タイトルだけを見ると「?」かもしれません。

 私自身は、一人ひとりがパワハラをしないようにするポイントは「指導」と「解決」の関係性と考えています。なお、部下が上司にパワハラする「逆パワハラ」もありますので、その際は「指導」を「指摘」などと読み替えてください。

 

 まず、「指導」と「解決」という言葉の意味を「広辞苑(第7版)」で調べてみました。

 「指導」 目的に向かって教えみちびくこと

 「解決」 問題やもつれた事件などを、うまく処理すること。また、事件が片づくこと。

 

 意味は当然違います。もちろん指導をすることで解決できることはありますが、私はパワハラの原因の多くは「指導」と「解決」が混同していることだと思っています。

 これから次の3つの行動パターンをご紹介します。まず、みなさんは「週に1回は遅刻をしてしまう部下」を持つ上司だと想定してください。

 

行動パターン1 「指導」をした上で「解決」に取り組む

 これは基本形です。この行動パターンが身につけば、パワハラをしてしまう恐れは格段に低くなると思います。

 具体的には、遅刻をする部下に対し、まずは「会社の決まりでは、出社は8時30分です。必ずそれまでに出社してください」と指導します。

 その指導をした後に、問題の解決に移ります。残業が多いようでしたら「仕事は気にせず早く帰ろう」、また真面目過ぎる性格であれば「失敗しても気にするな」など、さまざまな事実が遅刻と因果関係があるかは明確でなくても、部下とともに「遅刻をするという問題の解決」を一緒に取り組むという姿勢に切り替えるということです。

 結論を言うと、この方法が一番良いと考えます。詳しくは、明日以降のブログでご紹介します。

 

行動パターン2 「解決」だけに取り組む

 これは理想形です。一番互いのストレスを抱えない形です。

 具体的には、遅刻をする部下に対し、遅刻をした事実に触れず、「仕事は気にせず早く帰ろう」など遅刻の原因となる事実にある程度の目途を立て、それに見合った言動をするということです。

 ただし、この方法には欠点もあります。

 まず、相手が本来の意図に気づくことができるかということ。さらには、肝心となる事実(遅刻をしたという事実)に触れないことが、周りの人たちの納得感を得られにくいことなどが考えられます。

 

行動パターン3 「指導」と「解決」が混同している

 これがパワハラに陥りやすい行動パターンと考えます。

 具体的には、遅刻をする部下に対し、まずは普通に指導しますが、同じ過ちを繰り返したときなどに、指導をより厳しくすることで、問題が解決できると考えているパターンです。「また遅刻をするなんて、私生活が乱れているのではないか」などと言うことですが、このような言動は避けるべきです。

 なぜ避けるべきなのか?

 「遅刻をしている本当の原因は分からないことが多い」からです。

 

「指導の強さ」と「解決の可能性」は必ずしも比例しない!

 もちろん、指導を厳しくすることで解決できることもたくさんあると思います。それは「問題の解決方法が、さらに強く厳しく指導すること」だった時で、例外的に「指導」=「解決」の時もあります。

 しかし「指導の強さ」と「解決の可能性」は必ずしも比例関係ではありません。例えば「毎日残業していて朝起きれない」「睡眠障害を抱えている」「家庭の事情により、朝の出社が遅れるときがある」などが理由であれば、指導を強くしたところで、問題がそれで解決できるとは限りません。

 むしろ例に挙げた理由にも関わらず「私生活が乱れている」と言われた部下の心理的ダメージは計り知れません。そのようなことが口火となり、パワハラに発展していくのが、実際だと考えます。

 遅刻の原因に確証がない中で、必要以上に厳しい指導をするのはリスクが高いということです。

 それを避けるには、指導をしたら、そのあと問題の解決を一緒に取り組むという姿勢に切り替えることです。

 

 

 私自身は「行動パターン1」を基本にし、相手のプライドを尊重する時・相手が繊細な方に対しては「行動パターン2」を応用し、「行動パターン3」を絶対に避けます。

 でも、言うのは簡単ですが、実際に行うことはとても難しいです。

 私自身も常にそういうことができたと言い切れる自信はありませんが、「指導」にこだわり過ぎないようにはしています。

 明日は、「指導」のポイントをお伝えしていきます!

 

 

今日のポイント

 強い指導をすることが目的ではない。問題を解決することが目的である。